Sayuri Ayutani - Modern Carving Artist

タイの伝統工芸である「タイカービング」は、フルーツや野菜・石鹸などの素材に専用のナイフで繊細に施される彫刻です。
その起源は約700年以上前にまで遡り、宮中女性が儀式や王宮料理を飾りつけるためにフルーツや野菜に装飾的な彫刻を施したのが始まりといわれています。
美しく華やかなフルーツカービングは、結婚前の女性のたしなみの1つでした。
現在ではその作品の繊細さや美しさ、ナイフ1本で彫る手軽さから世界中に人気が広まっています。

果物や野菜のカービングは、ウェディングやおもてなしなどの特別な空間・テーブルコーディネートにぴったり!
また、飾り切りよりワンランクアップするカービングは、日常のお弁当やお料理を華やかに彩ることができます。
ソープカービングは、フルーツと違ってできあがったままの状態を保てるので、石鹸の香りを楽しめるアートとして人気です。
本物と間違えてしまうような石鹸のお花を使ったアレンジメントや繊細なカービングレリーフはインテリアとして楽しむことができます。
ウェディングなどのお祝い事に、プレゼントやプチギフトとしてもオススメです。
いずれのカービングも、そのシーンに特別感をプラスし驚きと感動を与えてくれます。

カービングで私が最も大切にしているのは0.1ミリの世界までこだわりぬくこと。
アーティストとしてその感性と緻密さを持ち続けながら、生徒さんの日常に寄り添い簡単にとりれられるカービング技術をお伝えしたいと思っています。

ナイフ一本で普通の石鹸が素敵なギフトに変わり、野菜やフルーツが特別感を与え、お祝い事に花を添え・・・
当たり前に繰り返される日々に非日常感を与える彫刻技術に、気づけば魅せられていました。
本格的に学びたいと思い、2年後にはタイヘカービングで子連れ留学を果たし、2012年にカービング教室Atelier ISARAを開講。
2014年には大阪・阿倍野教室でのレッスンをスタートしました。
現在も年に数回タイでカービングレッスンを受け、人の琴線に触れる作品づくりに向けて日々研鑽を積んでいます。

「ISARA」 とは タイ語で「自由に、自由な」という意味。 ちょこっとのカービングによって、特別感や彩りを与え、私なりの感覚で自由に文化やイベントを彩れたらという思いから「ISARA=自由に」とネーミング致しました。

Major Activity

2012.4

Atelier ISARA(奈良教室)開講 ※2016年3月閉講

2014.2

Atelier ORIENTAL PRINCESS認定校として活動スタート

2014.4

大阪・阿倍野自宅教室 開講

2015.1

川西阪急百貨店のイベントに出展

2016.7

第70回水都祭「天神祭奉納花火2016」にてタイ観光アンバサダーとしてタイ国政府観光庁奉拝船に乗船 カービングスイカを献上

2016.10

阪急うめだ本店コトコトステージにて「ハロウィンの野菜カービングデモンストレーション」実演

2016.12

岸和田TV取材「おせちカービングレッスンatフードプラネット」

Atelier ISARA 主宰 ​鮎谷 小百合

Contact Me

 © 2018 by Atelier ISARA

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon